自宅で洗車できないからしゃぼん玉のセルフ洗車場で洗車してみた

アパート、マンション住まいは洗車に困る

一軒家にお住いの方はピンとこないかもしれませんが、バイクの洗車場は本当に少ないですよね。

バイクの洗車は自宅かコイン洗車場という方がほとんどです。
コイン洗車場もそれほど多くないですし、中にはバイクお断りの洗車場もあるようです。

アパート・マンションだと狭い駐輪場でやるわけにはいきませんし、外に水道が確保できず、バケツで何往復もしなくてはいけません。

 

こんな洗車方法もあります

水を使わない洗車

自宅で洗車できない方にオススメな洗車方法があります。
それは、水を使わない洗車です。
プレクサス等の洗浄・コーティング剤を染み込ませ、絞った布でひたすら気になる部分を拭き上げていく方法です。

水を使わない洗車のメリットとして
・電気系統など水に弱い部分に水をかけずに済む
・時間・手間がかからない
・場所を選ばない

この布さえあれば、ツーリング途中にでも洗車ができます。
休憩時の数分でも、気になる汚れを適度に落とせるので、キレイなバイクの状態でツーリングが楽しめます。

ただし、水を使わない洗車には注意点も多いです。
砂埃が表面に着いた状態で強くこすると、車体に傷がつく可能性があります。

定期的にバイクの表面をコーティングしている状態でないと、拭き上げ時に簡単に傷がつくリスクが高いです。
また潮風に当たったあとは流石に水で洗い流さないとサビてしまうので、水を使う方が良いと思います。

 

手動式ポンプ洗浄機を使う

水道が確保できないアパート・マンション住まいの方にオススメなのが、手動式ポンプ洗浄機です。

(出典:https://www.amazon.co.jp)

私はまだ使ったことがないですが、
価格も安いものがたくさんありますし、便利そうなので購入を検討しています。

使用している人のレビューを見た感じですと、
・持ち運びができて◎
・水圧がそこまで強いわけではないが十分洗車に使える
・バイクの洗車は5Lあれば足りる
・ノズルが隙間に入るので、気になる部分を洗浄できる
・コスパ良い

洗車場所は確保できるが、水道がない方には重宝するのではないでしょうか。
アパート住まいの私には活躍の場面は多そうです。

 

やっぱり大量の水を使って洗車したい!

水を使わない方法や手動式ポンプなどの便利グッズもありますが、やはり水をたっぷり使って洗いたい!
そんなフラストレーションが溜まっている方も多いかと思います。

そこで私が見つけたのは、バイク用品専門店の洗車場(セルフ洗車)です。
「2りんかん」や「しゃぼん玉」といったバイク用品店では洗車スペースを提供している店舗があります。
相場は大体「30分500円、洗車用品貸し出し無料」と行った感じです。

 

しゃぼん玉の洗車場を利用してみる

私はバイク用品店しゃぼん玉本店の洗車場を利用してみました。

シャボン玉 本店
http://www.shabondama.co.jp/infomation_nisshin/
153号線の側道沿いにある愛知県では有名なバイク用品店です。

 

利用手順

洗車場使用するには、まずはレジカンターにて受付をします。
車種を伝え、500円を支払います。
洗車時間を確認し、受付用紙とシャンプーを受け取ります。
(スポンジやブラシは洗車場にあります。)

洗車場は駐車場から側道を少し戻ったところにあります。
側道は一方通行なため、バイクを押してもどる必要があります。

洗車場はこんな感じです。

用意されているのは、
・シャンプー(レジで受け渡し)
・洗車用ホース
・バケツ
・スポンジ
・ブラシ
・クロス
です。

 

洗車開始!

あ、養生テープがない。。

普段は養生テープでイグニッション(鍵穴)やマフラーの排気口を塞ぐのですが、
養生テープの貸し出しはなかったので今回は使わず注意して洗車しました。

もちろんバイク用品店なのですぐに買うこともできます。

洗車、
洗車、、

時間意識して洗車したことなかったからちょっと焦る

水使い放題の開放感に感動しつつ、
せっかくなので借りれる道具は使いつつ、

洗車、
洗車、、、

シャンプーを大量の水で綺麗に洗い流したら、最後に拭き上げです。
貸し出しのクロスは、、全く水分を吸収しない。。

ここは持参した綺麗なマイクロファイバークロスで拭き上げました。

ワックスをかける時間がなかったので洗車場からはここでひとまず退散です。

駐車場までバイクを移動させて、シャンプーをレジカウンターへ返却します。
これで洗車場の利用は完了です。

やっぱり水に困らず洗車できるのは本当に気持ちがいいですね!

 

洗車が終わってから気づいた悲劇

洗車後明るい場所でよくみたら、洗車の磨き傷が、、、
時間に焦ってちょっと強く擦ってしまったようです。
また、スポンジも貸し出し用のあまり綺麗でないものを使ったからかもしれません。

そこはバイク用品店、
これを買って帰りました。

WILLSON [ ウイルソン ] ハンネリコンパウンド 細目 (200g) [ 品番 ] 02011

(出典:https://www.amazon.co.jp)

 

深めに傷ついてしまい完全には復活できなかったけど、、、
まずまず綺麗になりました。

 

 

持参すべき道具

・養生テープ
・スポンジ(綺麗なものを使いたければ)
・拭き上げ用クロス(セームorマイクロファイバー)

今回洗車場を使用してみて上記アイテムは持参した方が良いかなと思いました。
もちろん道具の持ち込みはOKですので、持ち運べる方はこだわりの道具を持って行くと良いと思います。

 

まとめ

今回初めて洗車場を借りてみましたが、やっぱり便利です。
自宅では本当に洗車するスペースがなく、水道もなく、人目も気になりますので、ワンコイン(500円)で利用できる洗車場は助かります。
なかなかバイクの洗車場がないので、バイク用品店のこういったサービスは貴重ですね。

自宅での洗車にお困りの方がいらっしゃったら、ぜひ一度ご利用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です