250ccバイクに必要な税金は?

車検が無く維持費が安いと言われている250cc バイクですが、維持するためには一体どれだけの費用が必要となるでしょうか。

1.自賠責保険

250cc では自賠責保険が
1年契約で9,510円。
2年契約で14,290円。
3年で18,970円。
複数年で契約した方がお得ですね。

バイク購入時は色々と費用がかかるので無理はできませんが、長期的に乗る予定のバイクであれば2年や3年契約がおススメです。

250ccの落とし穴。自賠責更新忘れ

400ccなど、車検の必要なバイクの場合は2年ごとの車検に合わせて2年契約をすることが多いですが、250cc は車検が無いので、自賠責の更新を忘れないように気をつけましょう。

自賠責保険は任意ではなく、必ず入る必要があります。更新忘れで入っていない状態で運転してしまうと違反となり、一年以下の懲役、または50万円以下の罰金となります。

無保険での運転をした場合は、違反点6点が付され即免許停止処分、俗に言う「免停」となってしまいます。

また、自賠責保険の証明書を所持していないだけでも30万円以下の罰金を科せられることがあります。
証明書のコピーを工具ボックスの中などに収納しておくのが良いでしょう。

2.重量税

125cc〜250ccのバイクは、新車購入時のみ4,900円の重量税がかかり、2年目以降は重量税はかかりません。

中古車購入の場合は重量税は不要です。
車検が無いことに加えて重量税も不要なことが250cc バイクの維持費が安いと言われる所以です。

ちなみに、250ccを超えるバイクは新車購入時から3年後、その後2年毎に重量税がかかります。
またその値段もバイクが使用されている年数によって異なります。

バイクにかかる重量税一覧

250cc以上(※自家用としての料金)
新車購入時 5,700円
3年目〜13年目 3,800円(2年に1回)
14年目〜18年目 4,400円(2年に1回)
19年目〜  5,000円(2年に1回)

 

125cc〜250cc
新車購入時のみ 4,900円

 

125cc未満
重量税  なし

 

3.軽自動車税

毎年かかる税金として「軽自動車税」があります。250ccでは毎年3,600円の軽自動車税が年度の始まる4月に必要となります。

軽自動車税は50ccの原付でも必要です。
軽自動車税は排気量ごとに以下のようになっています。

50cc以下 2,000円
50cc〜125cc 24,00円
126cc〜250cc 3,600円
251cc以上  6,000円

 

ここでも250ccと400ccで金額差が大きくでていますね。同じ中型二輪でも、250cc と400ccの維持費の差が出ています。

まとめ

250ccに必要な税金は
1.自賠責保険
2.重量税
3.軽自動車税
です。

これらはあくまでも税金で、「維持費」とは異なります。
維持費は税金の他に、任意保険や盗難保険に加入したり、ガソリン代やメンテナンス代などが必要となりますので、維持するためにどのくらいの費用が必要かを予め考えて購入を検討しましょう!