勘違い?250ccのバイクは車検が必要です!

250ccのバイクを選ぶ理由の一つに、「車検がない」ことが挙げられます。
2年に一度行わないといけない車検がなければ、維持費用をぐっと抑えられますし、使用頻度が減ったり、次に乗る予定がなくても容易に所有し続けるとこができるからです。

車検にかかる費用は?

車検はバイク屋によって異なりますが、平均4万〜5万が相場です。そこに自賠責保険2年分や重量税などが加算されれば6〜8万、タイヤ交換やバッテリー交換が必要であれば10万を超えることもあります。

車検の価格は法定費用と整備費用の合計額なので、整備費用の安いバイク屋で依頼することで、車検を安く抑えられるでしょう。

車検は何ccから必要?

250ccは車検不要、400ccは必要、とざっくり覚えている方も多いのではないでしょうか。
実は、250cc以上の車両に車検が必要です。
そうです、つまり250ccのバイクには車検が必要なのです。

 

え?250cc乗ってるけど車検通してないよ

確かに車検が必要なのは250cc以上です。
ではなぜ、CBR250Rや私の乗っているYZF R25は車検が要らないのでしょうか。

実は249ccしかない!

そうです、250ccと呼ばれるバイクは、実は249ccしかないのです。
そのため、一般的に250ccと呼ばれるバイクは車検が不要なのです。

車検がないからこそメンテナンスをしっかり!

車検がないということは、所有者自身がメンテナンスを怠っていると整備不良のまま公道を走っていることになります。
車検の代わりに、バイク屋で行なっている一年点検などで定期的にプロによるメンテナンスを行うのが望ましいでしょう。