単気筒って何?シングルorマルチを徹底比較!

バイク購入を検討中のみなさま、バイクのスペックを比較して見ていると「単気筒」「2気筒」という単語をよく見かけると思います。

「今更聞けない」「調べても複雑すぎて分からない」「結局どれがいいの?」となっていませんか?
この記事では「気筒数」と「その特徴」について簡単にご説明します。
基礎的なことですが、一つ知識を増やしてバイク選びの参考にしてください。

そもそも単気筒、2気筒って何?

エンジンの中にある筒の数です。
その筒が何本あるかを表しています。単気筒なら筒が一本。2気筒なら2本。4気筒なら4本。そのままですね。
この筒のことを「シリンダー」といいます。

シリンダーは何の役割をしてるの?

エンジンをかけるとシリンダーの中のピストンがピストン運動を繰り返します。
このピストン運動=エンジンの仕事です。
ピストン運動の中で「吸気」「圧縮」「爆発」「排気」の4つの働きを繰り返しています。このエンジンの働きがバイクを動かしています。

ちょっと余談。

この4つの仕事を1サイクルとし、この1サイクルを2ストロークで行うバイクを2スト(ツースト)、4ストロークで行うバイクを4スト(フォースト)と言います。
2ストは力強く早い、4ストは仕事が丁寧で壊れにくいと言われています。近年のバイクは4ストが主流ですね。

シリンダーの数が違うとなにが変わるの?

まず、同じ250ccの排気量であることを前提として話を進めます。
シリンダーがひとつの「単気筒」は、250ccの排気をこのひとつのシリンダーが担います。
シリンダーが二つの「2気筒」は、250ccの排気を2つに分散して行っているのです。

私たち人間で例えてみます。
4kgのダンベルを両手で持ち、それを上下に振っているのを想像してみてください。
次に、2kgのダンベルをそれぞれ左右の手に持ち、交互に上下するところを、想像してみてください。
両手で4kgを振る場合はずっしりと重く身体にも揺れが伝わる感覚があると思います。
一方、左右2kgずつ持ち振った場合は、重さを感じずスムーズに動かせると思います。
この感覚の違いが単気筒と2気筒の違いだと思ってください。

単気筒は力強く振動が伝わり、2気筒はスムーズで振動が少ない、ということです。

その他用語について

単気筒、2気筒の意味は分かりましたね。
ではこの気筒数と合わせて出てくる用語をご紹介します。
シングル…単気筒
マルチシリンダー…一般的に3気筒以上のエンジンをマルチシリンダーと呼びます。
ツイン…2気筒のエンジンをツインと呼びます。
Vツイン…2気筒エンジンで、そのシリンダーがVの字に並んでいるものを、Vツイン(ぶいついん)や、V型ツイン(ぶいがたついん)と呼びます。

気筒数と合わせて使われる「並列」や「V型」については、こちらの記事で紹介しています。

並列?V型?エンジンの形状知っておこう